イベント

橘亭ワイナリーツアー2018

恒例の橘亭ワイナリーを今年も9月15、16日の日程で開催します。

今年も勝沼の大和葡萄酒さんをメインにワイナリー3軒と蒸留所を巡る1拍2日です。

勿論行きの車中からシャンパン、ワイン、おつまみを楽しみながらの飲みっぱなし、更に大和さんでは収穫体験や仕込みの作業を目の前で見れる蔵見学等ワインラバーにはたまらない内容です。

会費は29000円。(2人部屋希望は2人でプラス3000円)会費には交通費、宿泊費の他、車中のワイン等の飲み物、大和葡萄酒さん併設のビアガーデン「ルプリン」での昼食(ビールは個人負担)代等が含まれます。

本日より8月20日迄会費を添えての受付になりますので宜しくお願いします。

一年間ありがとうございました。

今年も後わずかですね。今年も橘亭をご愛顧頂き有難うございました。年内の一般営業は本日迄です。年明けは4日からの営業とさせていただきます。休み期間中も明日30日迄にご予約いただけば対応しますのでご連絡下さい。

尚、1月5日から14日迄21周年セールを開催します。サービスセットメニュー以外のお料理、お飲み物全メニューを21%OFFにて提供させて頂きますので是非ご来店下さい。

又、7日(日曜日)は21周年パーティーを兼ねて橘亭新年会を企画していますのでお正月休みの最後は橘亭でお過ごしください。

一年間ありがとうございました。

皆様善き年をお迎えくださいませ。

来年も宜しくお願いします。

熟成とはをテーマに69年ピノ・ノワール、ニュイサンジョルジュ他

オールドヴィンテージとはいつからの事を言うのでしょうか?

橘亭では9月24日に「熟成とは」と言うテーマでオールドヴィンテージのピノ・ノワール飲み会をしました。

まずはスペインのカヴァ、ピノ・ノワールのロゼCAVA ELYSSIAを乾杯に

2013 Bosne Romanee

2009 GEVREY―CHAMBERTIN

1996 BEAUNE 1er CRU LES BRESSANDES

1985 Pommard

1969 NuitsStGeorges

の順番で各々フォアグラパテ、吹かしポテトとモンドールチーズ、ピノ・ノワールに最も合うと言われる食材の一つペルドリ(山ウズラ)、その他名古屋名産海老ふりゃーとは言いませんがウニソースの海老フリット、勿論橘亭メインの鹿児島直送黒毛和牛などその他でマリアージュのお料理も次々と。

勿論お料理は一通りワインを味わってからですが。

各々の感想・・・

会の始まりはCAVA ELYSSIA、ノンヴィンテージですがお店のセラーで5年以上は眠っていたロゼのスパークリング。普段の泡と違って熟成されたスパークリングの泡は液体の奥深く溶け込んでまろやかな舌触り。口の中で泳ぐ気泡はピノ・ノワール100%のワインに包まれてクリーミィに喉をすり抜ける感じ。

2013年はいきなりからヴォーヌ・ロマネ。畑はレ・シャランディーヌ、村名畑ですが場所はグランエシェゾーの直ぐ下。お花畑で手足を精一杯伸ばして跳び跳ねているキュートなお嬢様を勝手にイメージ。

だったのですが、ってか初っぱないきなりのブショネじゃないですか(>_<)

「トホホ・・・このようなテーマのワイン会でブショネはきついなぁ」と顔をひきつらせているマスターを他所に、ブショネとはなんぞや!と経験のないゲストはコルク臭の体験で盛り上がるといった一幕も。

それはさておきヴィンテージが若かったこともあり代わりのものを。と言うことでマスターが選んだワインは同じヴォーヌ・ロマネの村名畑ル・シャン・ペルドリ。この畑はあのラ・ターシュの上隣!これは本当にお花畑のお嬢様。

そして期せずしてなんとペルドリのローストにル・シャン・ペルドリをマリアージュという贅沢迄

ホスト側(マスター)とゲスト側のテンションの差を横目にまずは小腹にフォアグラパテのバケットをパクリっと。

GIVER-CHAMBERTINは土壌の特徴もありますがさすが2009年ヴィンテージ、まだまだしっかりしています。開くのに時間がかかりそうと思いきや数分おきに変化していく香りや風味。2つ用意されたグラスのうち暫く残しておくのはこれに決まり!

1996年BEAUNE1erCRUBRESSANDESは優等生。畑は  ボーヌの中心に位置していて優しい香りはたまりません。でもまだ若々しい感じ。熟成っていうにはまだまだ。

そしていよいよ1985年POMMERD

上品なチョコレートやトリュフを彷彿させるこの香り、永遠に続くのではないだろうか・・・と思わせる、思っていたいそしてこの瞬間を浦島太郎時間に変えたいと思う瞬間!あぁ・・・やっぱり瞬間なんだ。ところがなんのなんの瞬間で消えないのが85’。初告白、「やっぱりPOMMERD 好きです。」(笑)

そして待ちに待った1969NuitsStGeorges

パニエから覗くお顔は何とも言えない年代を感じ、丁寧に丁寧に抜栓しているマスターのお顔もいつもになく歳を感じてしまう。じゃ無くていつもになく真剣。でも48年前のコルクをあっさりノントラブルで抜いちゃうのは流石は年の功?

ホロホロのコルクが抜栓される瞬間どんな経由で此処に至ったのであろう48年間眠っていたニュイサンジョルジュの香りが眼を醒ます。うーん幸せ。

ただでさえ貴重に成って来たオールドワイン、更に貴重なオールドブルゴーニュのワイン会。次回も楽しみです。

橘亭ワイン会のお知らせ

いよいよ食欲の秋も本番。

朝夕はだいぶ秋らしい雰囲気に成って来ました。と言う事で、本当に久し振りに橘亭マスター主催の本気のワイン会を開催します。

期日は9月24日(日曜日) 19時からです。

1960年代のワインから2010年代の物迄それぞれの年代のワイン6本(+α)を食事しながらゆっくり楽しみましょう。1969、1978、1985等のグレートヴィンテージを飲み比べできる又と無いワイン会です。お料理も秋の食材と鹿児島のお肉でゴージャスに準備します。
会費 18,000、定員12名(先着順)です。(申し込み後のキャンセルは受付しません)

参加人数が8名以下の場合は若干の内容変更が有りますのでご了承ください

橘亭ワイン合宿 2017

根尾の某企業の別荘にて今年も恒例橘亭ワイン合宿を開催しました

 根尾川のせせらぎを聞きながら食材に合わせて飲むワインは最高です 今年の朝食はホタテとヒラメのカルパッチョと冷製のパスタです

 途中のキリンビール工場見学ではプレミアムキリン生ビールの試飲もあり、小牧ワイナリーでは愛知県の土壌で葡萄造りがいかに難しいかなどのお勉強もあり、今回も盛りだくさんの企画。皆さん本当にお疲れ様でした

1 / 41234
和牛ステーキとワインのお店名古屋池下の橘亭

052-763-4383

Copyright© 2018 Tatibanatei All Rights Reserved.